• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お客さまサポート

  • No : 98
  • 公開日時 : 2017/10/17 16:37
  • 印刷

弱酸性でないと肌に良くないの?

化粧品はすべて弱酸性なのですか?
弱酸性でないと肌に良くないというのは本当ですか?
カテゴリー : 

回答

肌は一般的におよそpH4.5~6.5で、弱酸性に保たれています。
そのため、ほとんどの化粧品は肌と同じ弱酸性に作られていますが、化粧品の使用目的や特性によってpH値は少しずつ異なり、石けんや化粧水などには、弱アルカリ性のものもあります。
このような化粧品を使用すると、肌の表面は一時的にややアルカリ性に傾きますが、健康な肌には、肌の表面を常に一定に保つ働き(アルカリ中和能)があるので、使用後しばらくすると、自然にもとのpH値に戻ります。
特に肌への影響を心配することはありません。