• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お客さまサポート

  • No : 97
  • 公開日時 : 2017/10/17 16:37
  • 更新日時 : 2018/08/06 17:37
  • 印刷

日焼け止めなどに記載されている「SPF」と「PA」とは何ですか?

回答

「SPF」と「PA」は、日焼け止めの紫外線防止効果を示す指標です。
 
<SPFとは>
「SPF」とは、「Sun Protection Factor」の略で、短時間で肌に赤みや炎症を起こさせ、黒化につながりやすくなるUV-B(紫外線B波)を防ぐ効果指数のことです。
1〜50+までの数値は、何も塗らない場合に比べてUV-B波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しており、数値が大きい方がUV-B波に対するの防御効果が高いことを表しています。
 
<PAとは>
「PA」とは、「Protection Grade of UV-A」の略で、一時的な黒化を引き起こし、長時間かけて肌の弾力を失わせるUV-A(紫外線A波)を防ぐ効果を表す目安です。
4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が増えるにつれ、UV-Aに対する防御効果が高いことを表しています。
 
<日焼け止めの選び方>
長時間紫外線に晒される炎天下でのレジャーやマリンスポーツなどを楽しみたいときには、SPF50+・PA++++の国内最高値のUVカット効果を持った日焼け止めがおすすめです。汗や水に強いものを選び、こまめに塗り直すこともポイントです。
 
ウォーキングなど、屋外で短時間スポーツを楽しむ場合は、SPF30・PA+++程度でも十分紫外線から肌を守ることができます。
 
また、紫外線は年間を通して降り注いでいます。
特にUV-Aは、朝から夕方の遅い時間まで降り注いでいるため、屋外で過ごす日には、冬場であってもPA値の高い日焼け止めを選ぶのがおすすめです。
 
詳しくは、こちらのサイトをご覧ください。