• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お客さまサポート

  • No : 23683
  • 公開日時 : 2017/10/17 16:38
  • 更新日時 : 2020/09/01 16:19
  • 印刷

紫外線吸収剤が肌に悪いと聞きましたが・・・・・

紫外線吸収剤が肌に悪いと聞きましたが・・・・・
カテゴリー : 

回答

「紫外線吸収剤」は、吸収剤そのものが紫外線エネルギーを吸収し、熱エネルギーなどに変化させて肌表面から放出させることで、紫外線の肌への影響を防いでいます。そのとき発生する熱エネルギーは、ヒトには全く感じられないような変化ですので、肌が熱くなるようなことはありません。
ただし、紫外線吸収剤に限らず、化粧品の特定の成分が、ご使用になる人の体質によって、まれにアレルギー反応を起こす場合があります。その際は早めに皮膚科専門医にご相談ください。
また、「紫外線散乱剤」は、粉末原料を主とし、肌の表面で受けた紫外線を乱反射させて逃がし、肌への影響を防ぐ働きをしています。資生堂の日焼け止め(サンスクリーン)は、「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」と呼ばれる紫外線防御剤を最適に組み合わせることで、紫外線防御効果を高め、肌への悪影響を防いでいます。