• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お客さまサポート

  • No : 225
  • 公開日時 : 2017/10/17 16:38
  • 更新日時 : 2018/06/22 17:14
  • 印刷

ヘアカラーを使ってかぶれたことがありますが、資生堂のヘアカラーを使っても大丈夫ですか?

回答

ヘアカラーを使ってかぶれたことがある方は、メーカーやブランドを問わずヘアカラーをお使いにならないでください。
かぶれの主な原因となる成分は、どのようなヘアカラー(酸化染毛剤)にも配合されています。
 
ヘアカラーはまれに重いアレルギー反応をおこすことがありますので、次の方はヘアカラーを使用しないでください。

・今までにヘアカラーでかぶれたことのある方
・染毛中または直後に、じんま疹(かゆみ、発疹、発赤)あるいは気分の悪さ(息苦しさ、めまい等)を経験したことのある方
・皮膚アレルギー試験(パッチテスト)の結果、皮膚に異常を感じた方
・頭皮あるいは皮膚が過敏な状態になっている方(病中、病後の回復期、生理時、妊娠中等)
・頭、顔、首筋に、はれもの、傷、皮膚病がある方
・腎臓病、血液疾患等の既往症がある方
・体調不良の症状が持続する方(微熱、倦怠感、動悸、息切れ、紫斑、出血しやすい、月経等の出血が止まりにくい等)

※頭髪以外には使用しないでください。頭髪用の製品です。
※眉毛、まつ毛には使用しないでください。薬液が目に入るおそれがあります。
※顔そり直後は染毛しないでください。皮膚が細かく傷ついているおそれがあり、刺激等を受けやすくなります。
※染毛の前後1週間はパーマネントウェーブをかけないでください。髪を傷めたり、色落ちしたりすることがあります。
 
●詳しくは日本ヘアカラー工業会HPをご覧ください。