• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お客さまサポート

  • No : 16961
  • 公開日時 : 2017/12/07 00:00
  • 更新日時 : 2018/06/22 14:18
  • 印刷

ヘアカラー中に入浴しても良いですか?

回答

入浴時にヘアカラーをするのは、絶対におやめください。湿気や汗などが混合液と混ざり、顔に流れてきて、目に入るおそれがありますので、ヘアカラー薬液を頭髪につけたまま入浴しないでください。
また、薬液を洗い流すときも、目に入らないようご注意ください。ヘアカラー(酸化染毛剤)やヘアブリーチ(脱色剤)が目に入ると、激しい痛みを生じたり、場合によっては目が損傷(角膜の炎症等)を受けたりすることがあり、大変危険です。
加えて、混合液が流れて染まりが悪くなることや、室温が高すぎて反応が早くなり、染め上がりの色が通常と異なってしまうことがあります。
 
ヘアカラー製品は、換気のよいところで使用してください。においなどで、気分が悪く感じる方がいらっしゃいます。
また、衣服、床、じゅうたん、壁などに付着すると落ちませんので、十分注意してください。汚れをふせぐためにも、床には新聞紙などを敷いて染毛されることをすすめします。
 
詳しくはこちら
<関連リンク> 日本ヘアカラー工業会のホームページ
Q&A 使う直前 http://www.jhcia.org/qa/qa02/