• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

お客さまサポート

『 成分・安全性について 』 についてのご質問

52件中 21 - 30 件を表示

3 / 6ページ
  • 化粧水が使うたびに泡立つのは、なぜ?

    化粧水に配合されている「可溶化剤」の影響かと思われます。「可溶化剤」は肌に潤いを与える油性成分を、化粧水に安定に配合するために使用されています。泡を安定化させる性質を持っているので、化粧水を使用した際の振動によってできた小さな泡が消えにくくなり、まるで泡立ってしまったかのように見えることがありますが、品質には問題... 詳細表示

    • No:260
    • 公開日時:2017/10/17 16:38
  • 成分表示に記載された +/- とはどういう意味?

    「+/-」の表示は、メイクアップ用の化粧品など、色違いの多いシリーズ商品によくある表示で、その後に表示されている成分(着色剤)が、そのシリーズ品に使われていることを示しています。そのため、手元の商品に入っていない成分が表示されていることもあります。全成分表示の表示ルールで、着色剤に該当する成分は、その成分がその商... 詳細表示

    • No:203
    • 公開日時:2017/10/17 16:38
  • 連日メイクは、肌に悪い? すっぴんで、肌を休める日も必要?

    メイクアップが肌に負担をかける、ということはありません。メイクアップには「自分を演出する」「容姿を美しく見せる」だけでなく、「気持ちを高揚させる」という作用があります。前向きな気持ちを生みだしてくれます。ですから、「ノーメイクで肌を休めると調子がよくなる」「すっぴんで1日ゆっくり過ごすと、なんとなく翌日の化粧のり... 詳細表示

    • No:44
    • 公開日時:2017/10/17 16:37
  • 同じ成分でも、化粧品と医薬部外品の全成分表示名称が異なる場合があるのはなぜですか?

    化粧品の全成分表示は厚生労働省で義務付けられており、原則として、日本化粧品工業連合会が作成する「化粧品の成分表示名称リスト」を用いて記載するとされております。一方、医薬部外品の全成分表示は、日本化粧品工業連合会の自主基準として行われており、原則として、厚生労働省に薬事申請した名称で表示することとされております。従... 詳細表示

    • No:264
    • 公開日時:2017/10/17 16:38
  • 合成された成分よりも、天然成分のほうが安全なのですか?

    天然・自然のもの、植物由来は安全で、合成は肌に良くないとイメージする方がいらっしゃるようです。 しかし、かぶれを引き起こす「うるし」のように、天然成分のなかにも明らかに危険な成分があります。 同様に、合成成分にも危険なものはありますが、原料に含まれる成分の詳細がはっきりしていないものが多い天然成分と比べて、合... 詳細表示

    • No:258
    • 公開日時:2017/10/17 16:38
    • 更新日時:2018/01/11 15:23
  • 誤って化粧品を口に入れて飲んでしまいました。どうすればよいですか?

    化粧品のほとんどは食べたり飲んだりしても安全で、飲んでしまった方の様子が普通であれば心配はいりません。 周囲にこぼしたりして、体内に入っている量はごくわずかということがほとんどだからです。 クリーム、乳液、ファンデーション、口紅、固形パウダーは毒性が低いため、ほとんどの場合中毒のおそれはありませんが、... 詳細表示

    • No:402
    • 公開日時:2017/10/19 21:27
    • 更新日時:2018/08/10 13:39

  • ハチミツを配合している化粧品の赤ちゃんに対する影響について教えてください。

    化粧品に配合しているハチミツは、粗ハチミツを精製したハチミツそのものを配合しています。 ハチミツには乳児ポツリヌス症の懸念がありますが、1歳以上かつ経口摂取しなければ問題はないと考えられます。 菌の混入の可能性は限りなく低いと考えておりますが、1歳未満のお子さまの場合は、お子さまが誤ってなめた... 詳細表示

    • No:21812
    • 公開日時:2019/12/11 00:00
    • 更新日時:2020/08/03 15:47
  • 化粧品の箱やラベルの成分名について

    2001年4月の薬事法改正(現 医薬品医療機器等法)により、化粧品に配合されているすべての成分を表示することが義務づけられたからです。 これは化粧品を選ぶ際の判断基準となるものです。 2001年3月まで、化粧品に表示義務があったのは、「ごくまれにアレルギー等の皮膚障害を起こすおそれのある成分」として指定された... 詳細表示

    • No:43
    • 公開日時:2017/10/17 16:37
    • 更新日時:2017/10/17 19:24
  • パラベンを配合している商品は安全に使えるの?

    古くからパラベンは、商品の品質を維持するために多くの国で化粧品に汎用されてきた、安全性の高い防腐剤です。稀に、「パラベンを配合した化粧品は肌がかぶれる」との情報が発信されていることがありますが、この場合の多くは配合されている量が多いことが原因となっています。資生堂では、厳しい安全性の基準を設け、専門家が個々の製品... 詳細表示

    • No:130
    • 公開日時:2017/10/17 16:37
  • 弱酸性でないと肌に良くないの?

    肌は一般的におよそpH4.5~6.5で、弱酸性に保たれています。そのため、ほとんどの化粧品は肌と同じ弱酸性に作られていますが、化粧品の使用目的や特性によってpH値は少しずつ異なり、石けんや化粧水などには、弱アルカリ性のものもあります。このような化粧品を使用すると、肌の表面は一時的にややアルカリ性に傾きますが、健康... 詳細表示

    • No:98
    • 公開日時:2017/10/17 16:37

52件中 21 - 30 件を表示

電話やメールで問い合わせる

ワタシプラスご利用に関するお問い合わせ

  • ワタシプラスについて
  • ワタシプラス会員登録
  • オンラインショップ
  • ポイント・クーポン
  • お電話でのご注文・ポイント交換
  • 配送・お支払い

ワタシプラスサポートセンター

0120-31-4710

受付時間 9:00~21:00
(年末年始、法定点検日を除く)

ワタシプラスオンラインショップ以外で購入された商品の返品・交換につきましては、購入先にお問い合わせいただきますようお願いいたします。

メールで問い合わせる

メールからのお問い合わせにはワタシプラスへのログインが必要です。
会員登録がお済みでない場合、大変お手数ですが、会員登録をお願いいたします。

化粧品全般・資生堂に関するお問い合わせ

  • 資生堂商品
  • 商品の品質
  • お肌のお手入れ
  • 取扱い店舗
  • 資生堂グループ企業活動

資生堂お客さま窓口

0120-81-4710

受付時間 9:30~16:00(月~金曜日)
コロナウイルス対策のため当面受付時間を変更

メールで問い合わせる

【@to.shiseido.co.jp】のメールを受信できるようにドメイン設定をお願い致します。

LINEで商品や美容の相談案内

【受付時間】

10:00~16:00(月~金曜日)
コロナウイルス対策のため当面受付時間を変更
※AIみみちゃんは24時間対応しております。

スマホでアクセスする場合はこちら